施術中は痛い?熱い?

サロン脱毛の場合はどうなの?

法律上医療レーザー脱毛のマシンを扱うことができない脱毛サロンでは、IPL方式やSSC方式の脱毛を行っています。前者はカメラのフラッシュのような光を広範囲に照射することで、毛根にダメージを与える方法です。現在多くの脱毛サロンで導入されています。レーザー脱毛機と比べて出力が弱めなので、照射された部分を少しあたたかく感じる程度で痛みはほとんどありません。負担も少ないうえに、コラーゲンの生成などの美肌効果のおまけつきです。発毛を抑える成分を封じ込めたカプセル入りのジェルに光を照射するSSC脱毛は、ジェルとの相乗効果を得られるので、IPL方式よりもさらに弱い光を使っています。肌に優しくて脱毛効果も高い方法として人気です。

レーザーって痛いの?

医療レーザー脱毛も根本的な仕組みはサロン脱毛と同じですが、1か所にレーザーのエネルギーを集中させるので、より高い脱毛効果を実現しています。威力が高い分肌へのダメージがどうしても大きくなってしまうので、サロン脱毛よりも痛みが大きいのは事実です。よく輪ゴムで肌を弾く痛みに似ていると言われますが、体調やホルモンバランスの影響がある場合は、それよりも痛く感じることもあるでしょう。でも、レーザー脱毛用のマシンも改良が進んでおり、脱毛効果をキープしつつ痛みを軽減することに成功したものや、日本人の肌質や毛質に最適化したものが登場しています。どうしても我慢できない人は麻酔クリームを使ってもらうことも可能です。

© Copyright Complete Beauty. All Rights Reserved.